映画モリーズゲームから学ぶ、5つの文章術【ブロガー向け】

モリーズゲーム 映画のアイキャッチ

悩んでいる人

  • モリーズゲームってどんな映画?
  • モリーズゲームは面白いの?
  • モリーズゲームを見ると、どんなことがわかるの?

この記事では、モリーズゲームのあらすじ、そしてモリーズゲームから学んだ文章術を紹介します。

140分の上映時間、目を引ん剝いて観て、この記事をまとめています。また、ブロガー目線で分析しているので、ブロガーにとって学びが多いはずです。

この記事の技術をつかって、ブログの質をあげるヒントにしてください。

この記事の信頼性
  • マチがこれまで視聴した作品:600作以上
  • 洋画400以上、邦画50以上、その他150以上を視聴

モリーズゲームの概要・あらすじ

モーグルの選手として五輪出場も有望視されていたモリーは試合中の怪我でアスリートの道を断念する。
ロースクールへ進学することを考えていた彼女は、その前に1年間の休暇をとろうとロサンゼルスにやってくるが、ウェイトレスのバイトで知り合った人々のつながりから、ハリウッドスターや大企業の経営者が法外な掛け金でポーカーに興じるアンダーグラウンドなポーカーゲームの運営アシスタントをすることになる。

その才覚で26歳にして自分のゲームルームを開設するモリーだったが、10年後、FBIに逮捕されてしまう。
モリーを担当する弁護士は、打ち合わせを重ねるうちに彼女の意外な素顔を知る。

(出典:映画.comより)

モリーズゲームを一言で表すと、『モーグル選手が、ポーカーで儲け、転落して再生する話』です。

マチ

かなり濃い話なので、ぜひ1度みることをおススメします!

モリーズゲームの作品情報


  • 監督:アーロン・ソーキン
  • 主演:ジェシカ・チャスティン
  • 上映時間:140分
  • 公開年:2018年

会話が多く、専門用語もでてきますが、なぜか面白いです。

理由は1つ。リアリティが溢れています。
負けたのに、ギャンブルの為にお金を借りる姿など、リアルカイジです。

それもそのはず。実在のモリー・ブルームをモデルにした映画なのです。

モリーズゲームから学ぶ文章術

ここからは、モリーズゲームから学ぶ文章術を紹介します。
尚、ネタバレを含むので、注意して下さい。

「油断 → 緊張」による注目

財産も没収され、200万ドル近い課税をかけられたモリーは、弁護士を頼ります。
弁護士といえば、説得です。本作の説得シーンは、強烈に印象に残りした。

なぜなら、緩急があるからです。以下の動画をご覧ください。

 

隣の生徒に笑っている子は、完全に油断しています。そして、自分に起きるアクシデント。
作中では、同様のことが起きます。

マチ

ブログでも、「アホな話→真面目な話」に急展開させるといった応用ができますね。

キーワード = 何度も使う + ストーリー化

モリーズゲームを見た直後、ひらがな3文字の言葉が頭に残ります。

るつぼ
 

というのも、何度も登場する言葉だからです。しかし、それだけではありません。
ストーリーにも絡んできます。

ブログでも、大事な言葉は何度も使い、できればストーリー性を持たせるといいですね。

想像力を刺激するワード

ときには、間接的な言葉を使ったほうが、注目を集めます。

「それは一体なんなのか?」という想像をかきたてるからです。

例えば、「刺激の強い服」と聞いて何を思い浮かべますか。作中では、胸元が出たセクシーな服装を示します。

映画であれば、画面から目線をはずさない効果があります。

マチ

ブログでも想像を湧かせることで、離脱率を下げられますね!

ニガテな人との和解

人間関係については、人の注目を集めます。
おそらく、全人類共通のトピックだからでしょう。

最近みた映画やドラマを思い返して下さい。大切な人の死、別れが出てきてないですか。

ブロガーであれば、プロフィール記事に体験を追加すべきですね。

目を背けたくなるシーン


衝撃的なシーンは、どんなにダメといわれても見たくなってしまいます。カリギュラ効果というやつです。

事故映像やアクシデント映像がテレビでも放映されるように、多少の過激さは注目を集めます

モリーズゲームは、まさに衝撃映像から始まります。
上の動画は、衝撃的な冒頭シーンなので、ぜひこれだけでもご覧ください。

マチ

続きを見ずにいられたら、本当にすごいです!笑

まとめ:映画からブログへの転用

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。

最後に、モリーズゲームから学んだ文章術をおさらいします。

  • 「油断 → 緊張」による注目
  • キーワード = 何度も使う + ストーリー化
  • 想像力を刺激するワード
  • ニガテな人との和解
  • 目を背けたくなるシーン

ここにあるだけでなく、多くの魅力にあふれた作品です。
ぜひ、ご覧になって、自身の目で確かめてください。