大人でも感動する!アニメ映画4選【20~30代必見】

感動 映画 アニメのアイキャッチ画像

悩んでいる人

  • アニメ映画で泣きたい
  • 大人になってから泣いてないなぁ
  • 人間がでる映画はキツイ

この記事では、感動するアニメ映画を4つ紹介します。大人でも泣けるという基準で、厳選した作品です。

僕自身、子供のころから多くの映画を見てきました。その中で、大人になってから見ても感動した4作品です。むしろ、大人だからこそ心にグッとくるものがあります。

普段泣けない大人だからこそ、1人でアニメ映画をみて、号泣してスッキリしましょう。

尚、核心に触れるネタバレは避けていますが、内容を知りたくない方は、即ブラウザバックでお願いします。
ディズニー、ピクサーも1作品だけという制限をしています。キリがないので笑。

それではいきましょう!

今回紹介する作品たち

    作品名     作品を表した一言 上映時間 公開年
STAND BY ME ドラえもん
  • 泣くに決まってるやんけ
  • 95分 2014年
    ベイマックス
  • お兄ちゃんとロボットの思いやりがヤバい
  • 102分 2014年
    言の葉の庭
  • 止まらないカタルシス
  • 46分 2013年
    トイ・ストーリー3
  • あれ?なんで泣いてるんだろう?
  • 103分 2010年

    STAND BY ME ドラえもん

     

    この作品を一言で表すと、「泣くに決まってるやんけ」です。

    いまさらですが、少しあらすじを紹介します。

    誰もが知る、ドラえもんの感動エピソードをつめ込んだオムニバス映画です。

    有名な、ドラえもんが未来に帰る話や、のび太の結婚式が含まれています。

    最強のラインナップで贈る、全世代が泣ける映画です。

    山崎貴監督(Always 三丁目の夕日)も名を連ねた、ドラえもん初の3DCG作品です。映画版ドラゴンクエストで、山崎監督がトラウマになった人もいるでしょう。しかし、本作は安心して見れます。

    というのも、ドラえもんの歴史の中で、特に感動するエビソードが集まっています。はずれがありません。

    特に、ドラえもんが未来に帰る話は、いつ見ても感動します。

    のび太は間違いなく悲しいはずなんですが、ドラえもんのことを思って、今までの自分を越えます。その健気な姿、ドラえもんへの思いやりに涙が止まらなくなります。

    ここまでで十分感動しますが、ラストはさらに驚きの展開があります。

    有名すぎるエピソードばかりですが、見たことない人は絶対に視聴すべきです。人生損してます。

    尚、2020年4月現在、続編の公開が決まっています。コロナの影響で、公開延期になっていますが、近く公開するはずです。
    続編の公開前に観ておくことを、強くおすすめします。

    ベイマックス

     

    この作品を一言で表すと「お兄ちゃんとロボットの思いやりがヤバい」です。

    天才的な頭脳を持つ少年ヒロが、お兄ちゃんが作ったベイマックスと共に、爆発事件の真相を追う物語です。

    天下のディズニー作品ですが、かなり尖っています。楽曲がFall Out Boy(ロックバンドです)だったり、感動物語に見せかけたヒーロー映画だったりします。

    途中でヒーロー映画になるくらいなので、魅力的な悪役と、仲間が登場します。しかし、ヒロは悪役を捕らえようとするあまり、仲間を傷つけてしまいます。お兄ちゃんが、人の為を思って作ったベイマックスで、人を傷つけてしまうのです。

    ヒロがひどく落ち込むのですが、お兄ちゃんのビデオレターを見つけます。特にメッセージのない映像ですが、ここ号泣ポイントです。

    そしてロボット物といえば、お決まりの展開がありますよね。

    ターミネーター2、翠星のガルガンティアなど、わかりきってるんですけど泣けます。あえて何が泣けるのかは触れません

    気になる方は、ぜひ映画をご覧ください。

    言の葉の庭

     

    この作品を一言で表すと、「止まらないカタルシス」です。

    カタルシスという言葉は、「心の中に溜まっていた澱(おり)のような感情が解放され、気持ちが浄化されること」を意味します。
    (出典:「三省堂Web編集部による言葉の壺」より)

    つまり、気持ちがスッキリするということです。

    物語は、靴職人を目指す高校生タカオから始まります。タカオは雨の日には、学校をサボって庭園に行きます。
    ある雨の日にいくと、どちゃクソ美人な女性がいました。(声もかわいい。好き。)
    ユキノという名前で、ビール片手にチョコを食べています。
    最初は不審に思っていたタカオですが、雨の日にだけ会う2人は、次第に惹かれていきます。
    しかし、後半にびっくりなことが判明します。

    誓っていいますが、「血縁関係でした」とか安っぽい話ではないので、ご安心を。

    皆さんご存知、新海誠監督作品です。
    この作品から、映像美が特色になったように思います。

    年齢の差や、後半に明らかになる事実から、気持ち悪いと感じる人もいます。
    しかし、映像にハマった音楽、ドラマチックなストーリーは、他の映画にはないものです。
    特に、2人が抱える問題には、20~30代の大人には刺さるものがあるはずです。

    46分と短い作品なので、時間のない社会人にもおすすめです。

    トイ・ストーリー3

     

    この作品を一言で表すと、「あれ?なんで泣いてるんだろう?」です。

    ドラえもん同様、超有名作ですが、紹介せずにはいられません。
    ピクサー制作のトイ・ストーリーシリーズ第3作目です。

    子供が大人になり、捨てられたおもちゃがどうなるかを描いた作品、それだけです。
    しかし、感動するアニメとしての評判は高く、劇場でみた時はほとんどの人が泣いていました

    ちなみに、僕は嗚咽をもらして号泣しました。

    では、なにが泣けるのか。
    わからないんです。わからないけど、ありえないほど泣けるのです。

    後付けはいくらでもできます。
    大人になったアンディと、おもちゃとの絆がいいとか、おもちゃ同士の友情がアツいとか、いい所はたくさんあります。

    しかし、なぜ感動するのか全くわかりません
    泣いているのも自分だけかと思ったら、みんな泣いています。
    そして、いつどこで観ても泣けます。

    そんな不思議な力を持ったアニメ映画です。

    グシャグシャに泣きたい人には、視聴を強くすすめます
    吹替版でもクオリティが高いので、字幕が苦手な人にもよくすすめます。

    まとめ:大人こそアニメ映画で泣くべき

    感動 アニメ 映画のまとめ画像

    ここまで読んでいただき、ありがとうございます。最後に紹介した作品をまとめます。

    • STAND BY ME ドラえもん
    • ベイマックス
    • 言の葉の庭
    • トイ・ストーリー3

    どれも普段泣かない人でも、泣けちゃう作品です。現実ではない、アニメの世界で感動にひたってみてください。

    あなたのよい映画ライフを祈っています。