Python3エンジニア認定基礎試験の対策【簡単合格】

python3エンジニア認定基礎試験の対策【簡単合格】_アイキャッチ画像

pythonに興味がある人

python3エンジニア認定基礎試験ってどう?お金をかけずに、簡単に合格する試験対策を知りたい。

この記事では、python3エンジニア認定基礎試験に、お手軽に、コストも抑えて合格する方法を紹介します。

実際に合格した方法なので、参考になれば嬉しいです。
↓合格証明書です。
python3エンジニア認定基礎試験_合格証

※早く勉強方法を知りたいあなたは、「初心者でも合格する試験対策」までジャンプ!

python3エンジニア認定基礎試験とは

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会(PythonED)が主催する、資格試験です。Pythonの基礎文法など、まさにPython初心者のための資格です。

下表に基本的な情報をまとめていますが、受験料が高いですね・・・。会社の補助なしだと、正直キツいです。僕は補助なしで受験しましたが、自腹でも受験する価値があると思ったからです。
詳しくは「python3エンジニア認定基礎試験のメリット」をどうぞ。

受験料 ¥11,000(学割で¥5,500)
受験日 任意のタイミング
問題数 40問
合格点 70%(28問正解で合格)
試験時間 60分
試験方式 CBT方式


「この金額払って落ちたらどうしよう・・・」と思いますよね。しかし、傾向としては、暗記系ばかりで簡単です。(計算系もありますが、関数など覚えないと結局解けないです。)

マチ

暗記が苦手な人むけに、効率的に覚える方法も紹介します!

python3エンジニア認定基礎試験の難易度

簡単です。

ただ、勉強しないとさすがに無理です。
体感だと、「応用情報>python3エンジニア認定基礎試験>基本情報」の難易度かと思います。

python3エンジニア認定基礎試験の試験内容

実は、出題範囲は公式HPで公開されています。認定教材でもあるPythonチュートリアルから、以下が出題されます。

章立て
出題数
出題率
1章 食欲をそそってみようか 1 2.5%
2章 Pythonインタープリタの使い方 1 2.5%
3章 気楽な入門編 6 15.0%
4章 制御構造ツール 9 22.5%
5章 データ構造 7 17.5%
6章 モジュール 2 5.0%
7章 入出力 1 2.5%
8章 エラーと例外 4 10.0%
9章 クラス 2 5.0%
10章 標準ライブラリめぐり 4 10.0%
11章 標準ライブラリめぐり─PartII 1 2.5%
12章 仮想環境とパッケージ 1 2.5%
13章 次はなに? 0 0.0%
14章 対話環境での入力行編集とヒストリ置換 1 2.5%
合計 40 100.0%

公認教材は、書籍も販売されていますが、Web上で読めます。勉強を始める前に、ざっと目を通しておきましょう。
>>無料:公認教材PythonチュートリアルのWeb版

python3エンジニア認定基礎試験のメリット

python3エンジニア認定基礎試験を通して、「会社で活躍する力」、「個人で活躍する力」のどちらも獲得できます。
具体的には、以下の3つです。

  • Pythonの基礎がわかる
  • 周囲に差をつけられる
  • 転職するときに使える
1つずつ解説していきますね。

Pythonの基礎がわかる

Pythonは、最もメジャーなプログラミング言語の1つです。

Google、Facebookといった有名企業も使い、流行りのAIにも利用されています。また、基盤系でも、構成管理ツールAnsibleはPythonで作られています。

これほど汎用的なPythonを理解できるので、試験勉強の価値はあります。
そのうち、「まだ、Pythonやらずに消耗してるの?」と煽られるでしょう。

周囲に差をつけられる

僕が勤務する会社は、プログラマーよりも、マネージャーが多い会社です。
つまり、手を動かせない人間が多いのです。

技術力のない社員の中で、Pythonを身につければ大きなアドバンテージになります。もしプログラマーであっても、拡張性の高いPythonを身につければ、できることがさらに増えるでしょう。

ぜひ、同じ境遇の方は、検討してみてください。

転職するときに使える

前述の通り、Pythonはメジャーな言語であり、python3エンジニア認定基礎試験も受験者数が年々増加しています。(2019年では受験者数5,000人、2020年には1万人を突破。)

python3エンジニア認定基礎試験_受験者推移

JQOS.jpより

背景として、Pythonエンジニアのニーズが高まっていることは明らかですね。要するに、転職市場でもPythonエンジニアが求められています。

今後転職するつもりなら、今のうちに取る方が吉かと。

初心者でも合格する試験対策

試験までの流れは、大きく3つです。

  1. 簡単なテキストを1周する
  2. 公認テキストを学習
  3. 模試を2周する

簡単なテキストを1周する

絶対に公認テキスト(Pythonチュートリアル)から手をつけてはいけません。特に、初心者がいきなりやると詰みます。

というのも、面白くn・・・、解説もなく専門用語が出てきます。

したがって、まずは簡単なテキストをやりましょう。おすすめは「詳細! Python 3 入門ノート」です。

  • 1から丁寧に解説
  • 内容がわかりやすく、キレイにまとまっている
とメリットだらけです。

デメリットをあげるとすれば、分厚いです。
パソコンで演習を進めるので、僕は電子書籍で購入して、IPadで読みました。紙だとかさばるので、できるだけ電子書籍で購入しましょう。

hontoなら、クーポンも利用して最大50%OFFで購入できます。使うしかないですね。
>>詳細!Python3入門ノートをhontoで購入する。

公認テキストを学習

公認テキストは、戦略的にやりましょう。ここでいう戦略的とは、学習範囲を絞ることです。

出題範囲には、各章からの出題数も記されていましたね。出題数が多く、ページ数が少なければ多く勉強し、出題数も少ないのに、ページ数が多い章はテキトーに流します。

章立て
出題数
出題率
ページ数
努力度
1章 食欲をそそってみようか 1 2.5% 3
2章 Pythonインタープリタの使い方 1 2.5% 4
3章 気楽な入門編 6 15.0% 13
4章 制御構造ツール 9 22.5% 17
5章 データ構造 7 17.5% 16
6章 モジュール 2 5.0% 13
7章 入出力 1 2.5% 11
8章 エラーと例外 4 10.0% 10
9章 クラス 2 5.0% 22
10章 標準ライブラリめぐり 4 10.0% 8
11章 標準ライブラリめぐり─PartII 1 2.5% 10
12章 仮想環境とパッケージ 1 2.5% 5
13章 次はなに? 0 0.0% 3 不要
14章 対話環境での入力行編集とヒストリ置換 1 2.5% 2
合計 40 100.0% 140 -

詳細は、CCIE_TOZAIさんの解説記事を読みましょう。

「ちゃんと勉強しなくていいのか?」という声もありますが、今回の試験ですべて理解する必要はありません。今後、学習を発展させる中で、理解を深めればいいからです。

ただ、効率的にやっても、面白さは変わりません・・・。なので、面白く勉強する工夫が必要です。僕の場合は、マインドマップを活用しました。

python3_マインドマップ
「○○なのはなんで?」→「○○だから」という構成でマインドマップを作り、暇になったら見返していました。

手軽に楽しく勉強できるので、おすすめです。使ったマインドマップと、使い方は「【保存版】iThoughtsの使い方【1年使ってわかったこと】」をご覧下さい。

ここまで来たら、あとは模試を解くだけです。

補足
前述の通り、公認テキストは無料で確認できます。僕は、知らずに書籍を購入しましたが、正直変わらないです笑。
見た目はかっこいいので、気になる方はAmazonでチェックしてみてください。

模試を2周する

模試は、PRIME STUDYと、DIVEINTOEXAMがおすすめです。(公式HPでも紹介)
どちらも無料で、PRIME STUDYで3回分、DIVEINTOEXAMで1回分、合計4回分の模試を受験できます。

「解答解説がないので不便だ」という声もあります。しかし、自分で調べることになるので、記憶に残るという意味で効果的です。それよりも、まれに問題や解答にミスがあるので注意しましょう。

模試の受験回数としては、2周を目安にしてください。それ以上やると、問題を覚えちゃうので意味がなくなります。

python3エンジニア認定試験の申し込み

受験申し込みは、以下の手順です。

  1. 試験会場から申し込み
  2. Odyssey IDを登録

公式HP下部に説明があるので、指示に従って申し込めばOKです。

むしろ大事なのは、申し込みタイミングです。僕は、「模試を覚えるくらいやったのに、試験は3週間後・・・」となって苦しかったです。

目安としては、2周目最初の模試で合格点に到達したら、速攻申し込みましょう。意外と会場が埋まっているので、要注意です。

python3エンジニア認定基礎試験の当日の流れ

申し込んだ後、気になるのは当日の流れですよね。

持ち物を確認

必要なものは2つだけです。

  • 免許証などの身分証明書
  • Odyssey IDとパスワード ※事前作成

余談ですが、僕は試験会場でパスワードがわからなくなって、めちゃくちゃ焦りました。

python3エンジニア認定基礎試験を受験

持ち物がよければ、残すところ会場で受験するのみです。

ぼくはCBT方式だったので、会場のパソコンをポチポチして、受験しました。
この時、計算用紙や筆記用具はありません。計算問題もありますが、複雑な計算はないので暗算するのみ。

ただ、他の記事でも言われていますが、模試よりも難しいです。肌感では「本試験>PRIME STUDY>DIVEINTOEXAM」といった順番です。
やはり、しっかり対策をしてから受験しましょう。

基本だからと侮ることなかれ!python3エンジニア認定基礎試験!

以上をまとめると、

  • Pythonを勉強する価値はあり
  • 絶対に「入門書→公認テキスト→模試」の順に勉強
  • 受験申し込みタイミングと持ち物に注意

趣味で受けても、今後に活きるスキルです。プログラミングの授業が必修になった現代では、お子さんに受けてもらうのもいいかもしれません。ぜひ、あなたが受験する際にも、参考にしてください。

よきPythonライフを願っています。